闇金を法律で簡単に解決できるわけがない

大手消費者金融に借りられなkなった人がソフト闇金に手を出して大やけどするという事が結構起こってます。ソフト闇金は債務整理には敏感です。ソフトと言えど、闇金は闇金。法律を守って操業しているわけではないことを肝に銘じておきましょう。

ソフト闇金の債務整理は怖いというのを知っていますか?
大手消費者金融から多額の借金をしてしまい、利子だけで首が回らない、いわゆるリボ地獄に陥っている人が結構いるんですよね。

このリボ地獄、脱出するには毎月の金額を多めにする必要があるんですが、大手消費者金融に借りてしまうという点でそんな節約生活を出来る人っていうのは皆無なんですよね。

そこでブラックだったり債務過多でも貸してくれるソフト闇金に手を出してしまうという人が跡を絶ちません。

債務整理に敏感なソフト闇金

ソフト闇金の「ソフト」は入り口のことを示してます。
つまり、大手消費者金融に借りられなくなった人でも簡単に貸してくれると言うのがソフト闇金のいいところなわけです。

一方で、ソフトと言えど闇金は闇金。
ソフト闇金の取り立てはソフトではないんです。

最近の法律の関係で取り立ての攻め方も変わってきていますが、口調や方法はソフトでも、内容はハードです。
親類や勤め先などを回る取り立て方法というのはやはりどうしても行われてしまうのが実情だったりします。

そして一番やっかいなのが、債務整理のときなんです。
闇金は債務整理には敏感です。

なぜなら、「債務整理=法律の関係者=違法がバレる」という自体に陥ってしまう可能性があるからです。
違法な金利だけではなく許認可を受けていない状態での操業で、しょっぴかれてしまうからですね。

激しいソフト闇金の抵抗

口座凍結されたりする前に全部降ろして逃げる必要が出てきますので、ソフト闇金も債務整理となると焦ります。
当然債務整理を行うとした借り主や弁護士などに脅迫まがいの行動などをしたりもします。

ソフト闇金は元々が法律無視の集団なので、なんでもありのやり方で攻めてくるので、相当にタチが悪いわけです。

そういうわけなので大手消費者金融でも借りられなくなったらソフト闇金の類に手を出さずにおとなしく債務整理するか生活水準などを見直して完済できるようにしましょう。